「一瞬の永遠」について

English/Japanese

 私の感性が閃く瞬間、それは、常に変化してゆくあらゆる「モノ」に対して感性が敏感に反応する時だ。ある「モノ」に私の感覚が集中し、向かい合った時、最高で「十万分の一秒」という単位で反応する。その衝動は、移り往く一瞬の出会いの中に、ある「モノ」たちの息吹をレンズを通してフイルムの中に写し込む。

 私たちが日頃目にする「モノ」は、日常のある一瞬に、見る、聞く、触るといった動作を通じて知覚したものである。それは仮の姿や形にすぎず、私たちの周りに存在するすべての「モノ」は、常に変化し続け、一瞬たりとも同じ姿を留めることはない。それが「色即是空、空即是色」の考え方である。しかし、そうした仮の姿を通してでしか、私たちは、生きている証を手に入れることはできない。私が、常に「モノ」を追いかけ、その変化の一瞬に私の感覚を鋭くさせる理由がそこにある。

 私たちは、日常生活の中で、知らず知らずのうちに数え切れないほどの「モノ」とすれ違い、時にはその存在すら気づかないでいる。ふつうの人が見過ごしそうな、または、見過ごしてきたモノに対して、私の感性が反応し、シャッターを切った、「十万分の一秒の出会い」。私は、そうした「縁」を大切にしている。被写体との「一期一会」。それは私の作品を目の前にしたからこそ共有できる、一生にたった一度の出会いなのである。

 私がもっとも大切にしている瞬間、それはシャッターを切る一瞬である。その被写体との出会いの瞬間に、「モノ」が、私の感性に強く訴える。私は、真正面から向き合う。その姿勢は、比叡山の千日回峰行に取り組む修行僧の姿にも似ている。彼らは、お経を唱えながら、「草や木や一切のものは、仏になる可能性がある」との教えから「一木」「一草」に仏性を感じ取って祈りを捧げ、普段は見向きもしないものへの礼拝を繰り返すことで、「自分は全てのモノの中で生かされている」ことを感じ取っていくのである。

 私が、水や石、木、草、ガラスといったこの世に存在する「モノ」にレンズを向ける際、姿、形だけではなく、それらの持つ魂の叫び、いわば命の語りかけにシャッターを切るのである。私は、その自らの創作行為を「得魂草木」(うこんそうもく)と名付けた。その意味するところは、私の第三の目であるレンズを通し、被写体をフイルムに定着させ、永遠の命を吹き込むということである。私がシャッターを切る時、それは「十万分の一秒」が永遠になる瞬間なのである。

 他の人には、一見、何の変哲もない出来事でさえ、私には大きな意味を感じる時がある。私がひとたび興味を持てば、その「モノ」たちとの一瞬のすれ違いから起こる尊い出会いを大切にし、その尊い時間をじっくりと共有する。まるで、座禅で何かを悟るように、私が「モノ」と本気で向き合うと、「何か」が閃いてくる。その一瞬の出会いに反応し、写真という手段でその瞬間に存在するフォルム(形)だけでなく、魂をもフイルムに定着させるのが私のやり方である。その時、私の感性は、人々の心の中に無限に広がり、「一瞬の永遠」が誕生するのである。

橋村奉臣
STILL LIFE – a moment’s eternity《一瞬の永遠》より